ブログ

  • 化粧する脳とは

    2017年05月24日

    脳科学者の茂木健一郎さんの書籍「化粧する脳」で興味深い内容を見つけました
    なぜ、女性は出掛ける準備にそんなに時間がかかるのか?
    男性からすると、だれもそんなに細かいところまでは
    熱心に見やしないのにと思っているらしい
    私も夫がらずっと言われてきたことです

    化粧は女性にとってこれから出会う誰かのための
    高度で知的な儀式のようなもののようで
    この化粧をするという儀式を鏡に向って毎日するとき
    脳が喜んでいると彼は言っています

    人間の脳が一番喜ぶことは、他人とのコミニュケーションを
    とっているときで
    特に目と目が合う、アイコンタクトをとったときは
    脳内の神経伝達物質ドーパミンが放出される

    他にも美しい音楽、美味しい食べ物、美しいもの、綺麗なものを見たときや
    好きな異性に出会ったとき、本能的な喜びを感じたときにも
    ドーパミンが放出され

    ドーパミンが放出されると人は快楽を得ることができ
    その快楽を再び得ようとし、ドーパミンが放出される直前の行動を強化しようとします
    これが「クセになる」とか「病みつきになる」といういいかたをします

    特に化粧する前に鏡に映った素顔の自分と目が合ったとき
    特に多くのドーパミンが放出されます

    化粧後の自分の姿が人に認めてもらう事を想像し
    期待感や励み、意欲といった感情が沸きあがってきます

    化粧は女性の気持ちを前向きにし対人関係を活性化させます
    化粧は女性を精神面でも支えとなり
    社会的コミニュケーションを円滑にする重要な役割があります

    書籍「化粧する脳」から抜粋

    毎日、外出前の日課にしている化粧に
    深い意味と重要な役割があることに納得しました

    化粧をすることで
    前向きになり
    積極的になれ
    喜びがあり
    嬉しく、楽しく
    ウキウキ、ワクワクし
    いい気分になれ
    ポジティブ思考になれることが
    科学的に証明されていることを知り
    感動です

    私、化粧品の営業ができる自信が沸いてきました(笑)

    化粧が見た目の美しさだけでなく
    人の心までもポジティブ思考に引き寄せる力があるのです

    化粧をして
    綺麗なものも見て
    美味しいものを食べて
    美しい心に触れて
    イキイキ、ワクワク
    いい気分になる

    だから女性はおしゃれして
    ランチ会やお茶会をするのが好きなんですね

    引き寄せの法則の基本です

    今日は7年ぶりぐらいになるでしょうか
    コミニュケーション研究家の藤居寿美子さんに再会しました
    コミニュケーションワーカーのプロとして講演活動をされています
    とても素敵な方で美と健康のことやお化粧の指導もされています
    お年を伺ってビックリ!!
    15歳は若くみえました

    彼女から感銘を受ける話を聞きました
    ある資産家の方のところにある男性がきて
    「子どもが病気をしたので、手術をするお金を貸して欲しい」
    と言われ大金を貸しました
    後でそのことが嘘であることを知らされました

    あなたならどう思いますか

    私は自分に人を見る目がなったのだなぁと思うとこたえました

    その資本家は何と言ったのでしょうか

    「ああ、子どもが病気でなくて良かった」
    と言われたのです

    究極のポジィブ思考、それ以上の利他の精神の持ち主

    大変感銘を受けるお話でした

    今日も高波動の友人に再会でき
    魂が喜んでいます

    あなたの意識が現実を引き寄せます
    あなたの幸せを感じられるのは、あなただけ
    エネルギーの高い波動を引き寄せられるのもあなただけ

    今日も訪問くださりありがとうございます
    楽しい週末をお過ごしください
    ではまた明日
    ご縁に感謝します